ねこの国の切符
0

    三茶助産院のお友達、ネコのぬいぐるみは名前を「はっちゃん」と言います。

    友人が誕生日にプレゼントしてくれました。

    大きさがちょうど新生児と同じくらいなので、

    出産したばかりのお母さんに、赤ちゃんの抱き方を説明するときに 新生児の代わりをしてもらっています。

    さて、

    このネコの「はっちゃん」の右耳には切れ目が入っています。

    ネコ同士のけんかで耳を食いちぎられることはよくあるらしく

    私が子供の頃飼っていた雄ネコも、両耳がギザギザになっていました。

    母は、耳に切れ目が入っているのは「ネコの国」に行って来た証拠だと言っていました。

    私が子どもの頃は、汽車やバスに乗ると、車掌さんが切符にパチンとハサミで切れ目を入れていました。

    それで、ネコが「ネコの国」行きの電車に乗るときも、

    車掌さんが耳にパチンを切れ目を入れるのだろう。。。などと想像し、

    「ネコの国」ってどんなところだろう、行ってみたいな・・・

    だけど耳パッチンはかんにん、などと思ったものでした。

    ところが、

    先日、助産師の友人が相談室に遊びに来て、 はっちゃんを見、

    「あらっ、このぬいぐるみは、不妊手術されているのね。」と。

    なんと、野良猫が増えすぎないように、不妊手術がすんだネコには

    見てわかるように、耳に切れ目を入れるのだそうです。

    そうだったのか・・・。ネコの国行き切符ではなかったのか・・・。

    posted by: 三茶助産院 | よしなしごと | 11:54 | comments(0) | - |