駆け込み断乳
0

    今年こそ「おっぱいをやめよう!」そう決意したのが、1月1日

    しかしまあ

    冬場は寒いから、風邪をひくといけないので...

    そして春、母は職場復帰の季節。子どもは保育園入園。

    これを機にやめたいけど、子どもが保育園の刺激の影響で夜寝ない。

    昼間仕事でクタクタ、夜ぐずられるとたまらない。

    でもおっぱいをくわえさせると一発で眠る。

    せめてお互いの生活サイクルが整うまでのませよう。

    そして梅雨。昔から梅雨時は体調悪くなるから、断乳はよくないといわれているわよね。

    梅雨が明けると、暑い夏がやってきて、今度は脱水になるといけないからって、

    やっぱり飲ませ続ける。

    そして秋が来て、断乳日和。やめたい。

    子どもはすっかり大きくなって口達者になり、「おっぱい大好き」などという。

    母は、そんな子どもを見ると「まあ、いいかあ」と飲ませ続ける。

    ついに師走に突入!

    このままでは来年もおっぱい生活になるが、それは避けたい。

    「今年のおっぱい、今年のうちに」

    そう思いつつ、師走の忙しさにかまけておっぱいは二の次に。

    そしてついに迎えた大晦日。

     

    三茶助産院は大晦日も営業いたします。元旦はお休みします。

    私の今までの経験から、大晦日に断乳で乳腺炎になった人、けっこう来られます。

    「なんでこんな年末に断乳?」

    「だって今年のうちに絶対やめたかった。けじめってもんですから」

    乳腺炎のおっぱいを抱えてお正月は辛いです

    どうぞ断乳は計画的に。

     

     

     

     

     

    posted by: 三茶助産院 | 乳房トラブル | 10:03 | comments(0) | - |